Beauty Harmony 今これからを楽しむ暮らし

~暮らしを心地よく調える~心とカラダと日常に楽しく向き合うコト、モノを発信♪

軽さとデザインで選ぶなら【ニトリの機能性食器|カルエクレシリーズ】がおすすめ

f:id:ayumylife:20210807190349j:plain

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

私は食器をよく割ってしまいます。

 

これまでに割ってしまった食器は数枚では済まず、数十枚は割ってきたのではないでしょうか。。

 

そしてつい先日も早朝に(近所迷惑ですよね)派手にやってしまいました。

 

たぶん急いでいたんだと思います。

たぶん何かにひっかかってしまったんだと思います。

 

洗って乾かしておいたカゴが派手に落ちたので、カゴの中にあったお皿が全部割れてしまいました。

 

こんなにしょっちゅう割ってしまうとなると高級なお皿はまず買えません(;・∀・)

 

でも毎日お皿は使うのでやっぱり気に入ったものを使いたい。

 

これをきっかけに、もともと食器は多くは持たない、それほど食器選びにこだわりは強く持ってはいないのですが(しいて言えば「出来るだけ美味しそうに見える」「和洋中どんなお料理にでも合う」がお皿選びの基準)今まで以上に私のお皿を選ぶ基準を見直すことにしました。

 

 

【ニトリの食器Karu:ecle(カル:エクレ)シリーズはとくにこんな人におすすめ】

 

  • 軽い食器を探しているけど質感や機能性も重視したい人
  • リーズナブルな価格
  • 食器棚が小さめ、スリムなタイプでも収納しやすい
  • 和洋中どのお料理にも合う
  • コンパクトに重ねられる
  • 店頭だけではなくオンラインストアでも購入できる

 


【今までの食器の選び方の基準を見直してみる】

 今までの食器の選び方は、自分が気に入ったものであれば重さは気になりませんでした。

 

そして作家さんのものなど気に入ったものであれば多少高くても買っていました。(とはいっても我が家の食器棚はスリムタイプ&引き出物や頂き物などが多いので自分で購入したものはもともと少ないのですが)

 

我が家と同じ食器棚ではないのですがニトリの似たタイプだとこちら▼

 

 


でも食器を割ってしまうという弱点?に気付いてからは、自分では高いものは選べなくなりました(;・∀・)

 

そして年齢と共に、食器に限らず、例えば身に付ける物、使う物なども「軽いもの」という条件を重視するようになり必ず選ぶ基準に入るようになりました。

 

重いものはもう持てません。(←わがままな人みたいですね)

 

そして今はゆっくり食器を選ぶ時間もない。

 

お皿を選ぶ基準、それはいつ割れても、いつでも気軽に同じシリーズで買い足しやすくて、いつも種類も豊富でコンパクトに重ねられる軽いお皿ということで、ニトリで選びました。

 

www.ayumylife.work

 

www.ayumylife.work

  


【ニトリの超軽量食器Karu:ecle(カル:エクレ)の特徴】

 ニトリの超軽量磁器シリーズのカル:エクレは質感と機能性を重視して作られた人気のシリーズです。

 

日本製で電子レンジ、食洗機もOKです。

 

コンパクトに重ねられる機能性があるので、たとえば我が家のようなスリムな食器棚にも対応できるのが嬉しいところです。

 

今回購入したのは超軽量飯碗(304円)と小鉢(304円)と取皿(304円)と豆皿(203円)で、柄は2種類ずつ選んで、あえて統一せず色々な柄を楽しめるように購入しました。

 

ニトリなら全国にあるので例えば引っ越ししたとしても同じものが買い足しやすい、「カル:エクレ」は形や柄なども種類が豊富なのと、このシリーズは「和洋中どのお料理にも合う」「器ひとつひとつの個性が調和する」というテーマで作られており、たとえば食器の組み合わせで迷ったとしても、どれを合わせても馴染む、落ち着いているけどお料理が映えるような柄が多いです。

 

ただ人気なのか店頭で選ぼうとすると色や形が柄によっては欠けていることがけっこうあるのですが、どれを選んでも「カル:エクレ」で揃えると不思議と馴染むのであまり私は気になりませんが、気に入った柄や種類で揃えたい場合などはニトリのオンラインストアで在庫を確認してから購入するのがおすすめです。

 

割れやすいか割れにくいのかはしばらく使用してみないとわかりませんが、今のところは割れることなく、欠けることなく軽くて快適に使用できています。

 

これでいつ割れたとしてもニトリに行けば買える♪と思うと気も重くなりません☆

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます(*^^*)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ